フォトショップ 写真補正&加工の大原則

本屋で見かけて、即買いしたのですが、「プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則」は、かなり面白いです。主にフォトショップを利用した、デジタル写真補正のテクニック集なので、かなり実践的に利用することができます。

レベル補正やトーン調整など、基本中の基本だとは思うのですが、初めてだと実はどこから手をつけたらいいのかが難しい。それを豊富な具体例で、学ぶことができます。せっかくなので、ちょっと実践してみました。p70「滴る肉汁まで美味しそうなステーキ」を参考にすすめてみます。

ステップ1:レベル補正

まずは、レベル補正で、写真全体のレベルを調整します。左が調整前、右が調整後。

ステップ2:トーン調整

次に、写真全体のトーン調整。曇りの室内だったので、全体的に赤被りしているので、RGBトーンで調整します。

ステップ3:クイックマスクで部分トーン調整

続いては、画面全体ではなく、一部分のトーン調整です。お皿の白い部分は、赤被りが目立ちやすいので、この部分だけさらにトーンを強めに調整します。色域を指定して、皿の部分を選択範囲に選び、クイックマスクに指定して、皿の部分の赤かぶりを完全に除去します。

ステップ5:メインの部分を色鮮やかに

最後に、もっとも強調したいオムレツの部分を、同じくクイックマスクに選択して、トーン調整でコントラストを強くします。

できあがり!

このたった5ステップで、これだけ違う写真になりました。フォトショップ恐るべし! というか、今まで全然、活用しきれてなかったな〜。ということで、この本はかなりおすすめです。

続く「フォトショップ : カラーバランスで色かぶり補正

こっちの本は、本当のプロはここまでやるのか!という驚きのテクニック満載。はっきり言って、真似できません。なので、実用性はそこまで高くないけれど、別次元の世界を楽しむ意味でGood。