Goodpic.com
2003年08月19日

Amazon Web Serviceを使ってみる

ひらたさんのaws.pl - MT plugin for Amazon webservicesを利用させていただいて、AmazonのWEBサービスを組み込んでみました。こんなに簡単にWEBサービスできてしまうとは!感動的です。
aws.plを/pluginsディレクトリにアップロード。必要なモジュールではXML::Simpleが無かったのでCPANからSimple.pmをダウンロードして、こちらはhextlib/XML/のディレクトリにアップロードします。
aws.plの詳細はひらたさんのReadmeを見ていただくとして、ここでは書籍のISBN番号をリストアップすると自動的にテーブルに整形してくれるようなページをつくりました。他にMT-Loop PluginGrid Pluginを使います。
<MTLoop values="0965898601,081182652X,1560449179,0811831175">のvalueの中にISBN番号をカンマ(,)で区切って入れることで、テーブルを自動生成します。
ただし、この使い方だと、ISBNの数だけWEBサービスにアクセスしてしまうせいか、若干構築に時間がかかります。エントリー作成時に自動的に再構築されないようにしておいたほうがいいかも。

※アップデート
ひらたさんからのアドバイスで
<MTAws dev_token="自分のToken" associate_id="自分のID" search="AsinSearch" query="[MTLoopValue]" mode="books-jp">
のquery=""にISBNをカンマ(,)で区切っていれればよいとのこと。MT-Loopは使わなくてもOKですね。

サンプルページ:サーチの”サーフィン”をクリック

サンプルコード

<TABLE BORDER=0 CELLPADDING=0 CELLSPACING=5 WIDTH=720>
<MTGrid num_columns="5">

<MTLoop values="0965898601,081182652X,1560449179,0811831175">

<MTAws dev_token="自分のToken" associate_id="自分のID" search="AsinSearch" query="[MTLoopValue]" mode="books-jp">

<MTGridCell>
<MTGridIfLeftColumn><tr></MTGridIfLeftColumn>

<TD WIDTH=140 align=left valign=TOP>
<div CLASS="navigation">

<a href="<$MTAwsurl lastn="50"$>">
<img src="/mt/images/icon-books.gif" border="0">
<$MTAwsProductName$><BR />
<img src="<$MTAwsImageUrlSmall$>" border=0></a><br />
<$MTAwsAvailability$><BR />
<$MTAwsOurPrice$><BR />
<$MTAwsAuthors$><BR />
</div>

</DIV>
</TD>

<MTGridIfRightColumn></tr></MTGridIfRightColumn>
</MTGridCell>
</MTAws>
</MTLoop>

<MTGridTrailingCells>
<MTGridIfLeftColumn><tr></MTGridIfLeftColumn>
<td align=middle valign=bottom> </td>
<MTGridIfRightColumn></tr></MTGridIfRightColumn>
</MTGridTrailingCells>

</MTGrid>
</TABLE>

Posted by jkanekomt at 2003年08月19日 16:08 | trackBack



Comments
Post a comment









Remember personal info?







関連記事