Goodpic.com
2003年12月09日

Googleでホワイトハウスにピンポイント爆撃?

以前にGoogleで”weapons of mass destruction(大量破壊兵器)”を検索すると、404 Page Not Foundを模した”These Weapons of Mass Destruction cannot be displayed(大量破壊兵器は表示できません)”というジョークページが検索一位に表示される、という話題がありましたが、同じSEOテクニックを使ったジョークです。

- Googleで”weapons of mass destruction”を検索
- 「大量破壊兵器は表示できません」の風刺サイトが評判に」(Hotwired)

”miserable failure(哀れな失敗)”と検索すると、ホワイトハウスのジョージ・W・ブッシュ氏の自己紹介ページが検索一位に表示されます。
その仕組みは、GoogleのPageRankでリンクが多いサイトが評価されると共に、リンク元のページが対象のページ(ブッシュの自己紹介ページ)にどのような単語でリンクしているかも加味して検索結果を表示するので、自己紹介ページには”miserable failure(哀れな失敗)”という単語が無いにもかかわらず、この単語で検索にひっかかるようです。こういうSEO(検索エンジン最適化)?をGoogle Bomb(グーグル爆弾)と呼ぶようです。
今回はHotwiredのようなITよりの媒体だけでなく、BBCでも取り上げられたりしていて(しかもご丁寧にブッシュの気まずい表情の写真つき)、なんというか、まあ、みんなアレなんですかね?

- Googleで”miserable failure”を検索
- 'Miserable failure' links to Bush(BBC)
- Miserable Failure? Google Trick Says It's Bush(Newsday.com)

Google爆弾は、それなりにPageRankが高いサイトがやらないと意味が無いのでしょうか、今回はブログでの呼びかけがあったみたい。

"Miserable Failure' and the media" (BLAH3.COM)

いささか表現が直接的すぎて、”weapons of mass destruction(大量破壊兵器)”の時のようなヒネッたユーモアはありませんが、いってみれば、これまで毒舌タレントがテレビでやっていたような社会風刺と呼べなくは無いのかも。

Posted by jkanekomt at 2003年12月09日 20:29 | trackBack



Comments
Post a comment









Remember personal info?







関連記事