Goodpic.com
2004年01月07日

顔の見える文章が、文脈でつながる。CNETのトラックバック対応

年明けのネット関連ニュースとして話題をさらっているCNETの全記事トラックバック対応ですが、「これって何を意味するのだろう?」と好奇心をそそられますね。技術としてのTrackBackは非常にシンプルなのですが、ブログというシステムの中で使われることによって、何か新しい価値観を提示しているようだ、と何となく気になっていたことが、(ビジネス化されているという意味での)プロコンテンツでも採用されて、より明瞭になったということでしょうか。

個人的な感覚では、普通の相互リンクに比べて、ブログ同士のトラックバックでは、より文脈が意識されるようになり、CNETへのトラックバックではニュース記事の書き手を意識するようになったような気がします。
文脈を意識する、というのは単純に「相互リンクはりませんか?」とメールする以上に、記事ごとの内容がコンテキスト(=文脈,前後関係)的に”つながっているか?”を確認したうえで、「同じ話題で、こんなこと書いてみました」とお知らせする感覚。つまり、ブログという記事単位のコンテンツ管理システムの中で使われることで、リンクをはるということが、いままでよりも的確でピンポイントになってきているように感じます。
ニュース記事の書き手を意識する、というのは一般的な記事よりも、梅田さんのコラム、しかもコラムの中で他のブログに対して言及している記事のほうが、何となくトラックバックしやすい。つまり相手の顔が見えているほうがトラックバックしやすい、という感覚でしょうか。

この辺りの感覚は、すでに記事を書かれているNDO:Weblogさん「CNET Japan のトラックバック対応、その意味と将来」、ARTIFACTさん「CNETがTrackBackに対応」の記事でより深く書かれています。NDO:Weblogさんが現状でのCNETのメリットを鋭く分析された上で、ちょっと長く引用させていただくと、


個人のウェブログに対して送るトラックバックというのは、明確に Blogger という一個人が相手として存在しているので、そこにコミュニケーションが成り立つ場合も多いように思います。一方で、CNET Japan のニュース記事は個人の存在が無いか、あまりその存在が意識されない場合が多いでしょう。編集、ライターや翻訳者の方はいますが、それを個人として意識しながらニュース記事を読む読者はそれほど多くありません。
すなわち、個人間トラックバックいわば CtoC トラックバックと、個人から企業に向けてのトラックバック、CtoB トラックバックというのは、その本質が異なってくるので、果たしてそれがどこまで一般化されるのかという疑問が浮かぶ、ということです。
NDO:Weblog

と指摘されているポイントが、まさに今後、メディアにとって分かれ道になってくる点なのかもしれませんね。
山岸編集長のCNET、あるいは古河さんのココログ・サービスと、ナベ○ネさんの読○新聞では、同じメディア、サービスでも先入観というかイメージが大分変わってきているわけで、日ごろから編集側の”素顔”を積極的に見せることで、読者との緊密なリレーションを築くことは長期的なメリットにつながりそうですね。

話をトラックバックに戻して、現状のトラックバックに追加でついたらいいかなと思う機能は、”元記事での脚注マーク”ですかね。トラックバックを送信する先の記事の一部分を文章で引用することが多いと思いますが、

1. 他の人の記事を読む
2. 他の人の記事を引用して、自分の記事を書く
3. 元記事にトラックバックする
4. トラックバックの際に、引用部分のTextも送信する
5. トラックバックを受け取ったブログの元記事で、引用Textを検索
6. 引用された行の横に”※脚注”マークがつく
7. ”※脚注”マークがトラックバックして来た記事へのリンクになる

はてなアンテナっぽい機能かもしれませんが、記事を引用していただくと「なるほど~この部分に興味をもってもらったのか」と、結構参考になるのと、よりコンテキストベースでブログ記事同士がつながっていくかなと。いままでの”※脚注”マークとは反対の意味合いになるかもしれませんが。最近増え始めているTrackBackスパムも、※脚注マークをつける前に、トラックバックしてきた記事に、ちゃんと引用部分があるかどうか、確認すると防げるかもしれませんね。

Posted by jkanekomt at 2004年01月07日 21:25 | trackBack



Comments
Post a comment









Remember personal info?







関連記事