マシンの目覚め

夜明けの日の光が樹海の下層まで差し込むと、草むらで羽を休めていたソレは、朝露を舐めるように取り込み、生成した水素を腹の下のガスタービン・エンジンに送り込んだ。タービンの加速する熱が回路を誘電し、チップがはっきりと目覚めるのを感じながら、徐々にローターの回転を早めて飛び立つと、同じく目覚めたマシンの群れとともに、木々の間を飛び回り始めた。
っなんていう世界になったりするんですかね~?しかしZDNetはロボットネタが好きですね。

まるでタケコプター 空を飛ぶ小型ロボットをエプソンが開発」(ZDNet)
チップの発熱を劇的に抑える「リバーシブル・コンピューティング」(HotWired)
100円玉サイズのガスタービン発電機がケータイに搭載される日」(ZDNet)
空を飛び、感情を理解し、自然な表情を見せる――進化するロボットたち」(ZDNet)
っぽいかもしれない:こういうの好き!――いま流行りの“ロボットたち”」(ZDNet)