台風10号 大潮の荒海

波の無い日々が続いていた7月、久しぶりの波は太平洋に停滞する台風10号から届いた、超強力なうねりでした。天気のいい昨日の朝の、セット胸ぐらいのコンディションからうってかわって、見た目もかなりハードなコンディション。

朝5時に飛び起きて海に向かうと、浜辺で入念に準備体操。沖に向かってゲッティング・アウトを開始して、巨大なスープ(波が砕けた後の白い泡)をいくつかくぐると、目の前には容赦のないセット頭半~のうねりが今にも崩れそうに迫ってくる。こいつをなんとかダックダイブしてやりすごすと、沖には2名ぐらい先客サーファー。

台風特有のワイドなダンパーブレイクなので、乗れそうな波を待つ間も、背後でブレイクするズズン・ドッサーンという音でビビらせてくれます。何気なくビーチのほうを見るとさっきより随分と遠くなっている。ムムム、どうやらテトラ沿いで強力な離岸流に乗ってしまっているよう。周りのサーファーも気付いて、岸にむかってパドリングするも川の流れに逆らうようで相当キツイ! 15分ぐらい懸命にパドルしてようやく離岸流から離れることができた。近くをパドルしていたサーファーに、今日はヤバイね~と話しつつ、ついに形のよさそうな波をゲット。

全力でパドルしてテイクオフ、波のトップからは3メートル以上のフリーフォール。波のでかいボトムでターンをすると、パワフルな斜面が水しぶきを猛烈に吹き上げて、頭上から迫ってくる。超高速リッピングでクローズアウト・セクションを抜けたものの、ダンパー気味の斜面につかまってワイプアウト。とにかく波の壁の水量が多いので、押し込まれるように海底まで引きずり込まれる。というようなエグいコンディションながらも、強力な波のパワーから生まれるスピード感は台風ならでは。

強い台風 第10号
  7月29日22時現在
ハチジヨウジマ 南南西 210 Km
北緯31.4゜東経138.8゜ ほとんど停滞
 中心気圧 960 hPa
 最大風速 40 m/s
 暴風半径(25m/s以上) 150 km
 強風半径(15m/s以上) 北東側 370 km 南西側 310 km