Copy URL+で、ブログ引用文のコピペHTMLを自動生成

なんで今まで、これをやっていなかったの?という自分的ノウハウは、たまに突然思いつくもの。他のブログ記事を引用してエントリーを書くためのTips。、<div class="refer"></div>のように、引用記事をdivタグで囲んでCSSで枠線をつけるようにしています。ただ、MovableTypeで「改行を変換する」設定にしてあると、引用のdivタグ内で改行すると<p>タグがうまくはいらないので、HTMLを手書きする必要があってちょっと面倒。

FireFoxのエクステンション、Copy URL+は、以前の記事で紹介して以来、ずっとつかっていたのですが、これで引用HTMLを簡単に作れるじゃない、ということに突然気づきました。ChromEditでuser.jsに以下のような、user_prefを追加。

user_pref('copyurlplus.menus.3.label','Reffer HTML');
user_pref('copyurlplus.menus.3.copy','<div class="refer"><p><a href="%URL%">%TITLE%</a></p><p>%SEL%</p></div>');

引用したい文をマウス・ドラッグで選択して、「右クリック」->「Copy URL+」->「Reffer HTML」でdivタグに囲まれた引用HTMLを自動生成。
あと、同じような感じで、こんなのも追加しておくと、FTPなどで一斉にアップしておいた写真の貼付けも便利。

user_pref('copyurlplus.menus.4.label','<img>');
user_pref('copyurlplus.menus.4.copy','<img src="%URL%" alt="photo" />');

いままでHTMLを手でうっていた時間は〜


7月20日追記

以前の記事で参考にさせていただ記事「hxxk.jp - Copy URL+ をカスタマイズ」に、引用についてもちゃんと解説がされていました。<blockquote>と<q>を使うという、より正しい利用法であります。というわけで、参照される場合は、そちらの記事を!というより、僕もこれからは<blockquote>で引用&CSSデザインさせていただきます。
おーこれ便利!と使い始めるまえに、ちゃんとマニュアルならぬ先人の智慧をしっかり読んでおけ、ということですね。わざわざTrackBackで知らせていただいて感謝であります。