ティム・バーナーズ・リー卿のインタビュー:再編集可能なWeb

BBCニュースに、ティム・バーナーズ・リー卿(SIR TIM BERNERS-LEE)のインタビュー記事。一度、W3C関連でSir Timの公演を聞いた事があるのですが、本当に話がうまいんですよね。かなり高度なコンセプトを、分かりやすく話すので、聞いたその場はすごく分かった気になる。あとで思い返そうとすると、自分の理解力の限界を知るのですが(笑)。

BBC NEWS | Technology | Berners-Lee on the read/write web

インタビューのなかでも、重要なキーワードに関して、かなり分かりやすい説明をしているので、軽く意訳メモ。

「Webの可能性を、どう思いついたか、どう思うか?」と聞かれて。

再編集可能(rewritable)なWebに向けて

Webの最初のアイデアは、「誰でもが書ける場所」ということだったんだ。そして、最初のブラウザはエティターだった。読むためのモノでもあったけど、書くためのモノでもあった。Webを使う人は、誰でも何かを書く事ができる。新しいページを簡単につくれるし、誰かが書いた物にも自由にコメントができる。これは、今のブログにかなり近いものだね

ここ何年もの間、WEBが多くの人にとってクリエイティブな場所で無くなっている、という事実を修正しようと試みてきた。確かに、Webで情報を作れる人たちはいた。だけどWebページの編集は、普通の人にはどんどん難しくなる一方だっただろう? ブログやWikiで何がおこったかというと、そのような「誰でもが編集できる場」としてのwebがすごくシンプルになったということ。

ブログを書くときには、複雑なハイパーテキスト(Hypertext : HTMLのようなリンクする文章)を書くわけじゃない。ただ文章を書けばいいだけ。だからwebが、もっとクリエイティブな方向に進んでいく、という今の状況をみて、ものすごくハッピーだよ。

Towards a rewritable web

ML: I'm interested that at what sense you began to sense the possibilities. You weren't thinking car rental, you weren't thinking blogging, I assume.

TBL: Well in some ways. The idea was that anybody who used the web would have a space where they could write and so the first browser was an editor, it was a writer as well as a reader. Every person who used the web had the ability to write something. It was very easy to make a new web page and comment on what somebody else had written, which is very much what blogging is about.

For years I had been trying to address the fact that the web for most people wasn't a creative space; there were other editors, but editing web pages became difficult and complicated for people. What happened with blogs and with wikis, these editable web spaces, was that they became much more simple.

When you write a blog, you don't write complicated hypertext, you just write text, so I'm very, very happy to see that now it's gone in the direction of becoming more of a creative medium.

BBC NEWS | Technology | Berners-Lee on the read/write web

Read / Write Webというアイデア自体も、Web 0.0の再発見なわけですね。Webが生まれる前は、なにも情報が無かった訳だから、「まずは情報を作成するツール」として考えるのが、言われてみれば自然です。

続いて、「ネットの情報の質や信頼性に関して、不確かな情報や、嘘があふれている現状がありますよね?」というマスメディアによくある質問に対する答えも、分かりやすくて的を得てる。

そこ(Web)には嘘が沢山書かれている、と言うけどね、ちょっと想像してみて。道に落ちている紙切れや、ゴミ捨て場のゴミのなかから書類をランダムに拾い集めるとするよ。その紙切れのなかに、信頼できる情報を見つけられるチャンスがあると思う?ほとんど無いよね。インターネットでも、ただランダムに情報をひっかき回すように探すだけだったら、価値のあるものを見つけ出せるとは期待できないよね?

でも、Webを使うときは、リンクをたどるんだ。自分の希望するリンクが提供されているページを、ブックマークすべきなんだ。内容がひどい、信頼できないページへのリンクばかりがあるサイトには、二度と訪れなければいい。

その具体的な例は、今、すぐそこにあるよ。例えば、あるブロガーは、そういうことに非常に気をつけている。いいブロガーが、何かの出来事を書くときは、戻れるようにする。ブログ・コミュニティーには、ある理念が存在していて、それは「つねに情報源を明らかにせよ」ということ。たどっていけば、一番最初の記事まで明らかにできる。何かを見つけたけれど、それがどこから来たのか分からない、情報源に対する記述がない、そんな情報は単に無視すればいいんだ。

TBL : When you say there are a lot of lies out there, if you go randomly picking up pieces of paper in the street or leafing through garbage at the garbage dump what are the chances you'll find something reliable written on the paper that you find there? Very small. When you go onto the internet, if you really rummage around randomly then how do you hope to find something of any of value?

But when you use the web, you follow links and you should keep bookmarks of the places where following links turns out to be a good idea. When you go to a site and it gives you pointers to places that you find are horrible or unreliable, then don't go there again.

You see out there right now, for example, when you look at bloggers some of them are very careful. A good blogger when he says that something's happened will have a point to back, and there's a certain ethos within the blogging community, you always point to your source, you point all the way back to the original article. If you're looking at something and you don't know where it comes from, if there's no pointer to the source, you can ignore it.

BBC NEWS | Technology | Berners-Lee on the read/write web

町中でゴミを拾って云々という例えは、デジタル・ネイティブじゃない人に有効そうですね。この「情報源を明らかにする」という理念は、インターネット以外でもクオリティーの保証として重要な要素になりつつあるのかも。例えばスーパーで買う野菜の生産者や農薬の使用履歴をチェックする、流通のトレーサビリティーとか、それがまさに付加価値を生む時代になってきたのでしょうか。