<head><link>を使ってweb2.0

OpenIDでは、<head><link>を使ってURL認証を実現していますが、今日、TypePadや、はてなダイアリー、Livedoor BlogでリリースされたMobile Link Discoveryも<head><link>を活用しています。

Mobile Link Discovery に対応

Mobile Link Discoveryとは、PC向けのWEBページから、携帯ページのURLを自動的に取得するための仕様です。TypePadモバイルでは、今回のバージョンアップでこの仕様に対応しています。

TypePadモバイルの管理画面、トラックバックの一覧では、ブログに受信したトラックバック一覧を見ることができます。トラックバックは通常、PC向けのブログ記事から送信されるので、送信元のリンクをクリックすると、PC向けのWEBページが表示されてしまいます。

今回のバージョンアップにより、送信元のブログが Mobile Link Discoveryに対応している場合、自動的に携帯向けのURLを取得してリンクします。このため、TypePad以外のブログ・サービスからのトラックバックを、携帯からも快適に読むことが可能です。

TypePadモバイルの正式版バージョンアップ

HTMLの<head>というと、「他のページからコピペで終わり」というように、割とテキトーに扱われがちな場所ですが、最近のMash-upの流れでは重要な場所になってきているような気がします。RSSやAtomなどのエンドポイントを指定したり、FeedburnerのURLを組み込んだり、あるいはFOAF(2003年の古記事ですが)Geotag(2003年の古記事ですが)を指定するのにも使います。

XHTML Validは当たり前な昨今ですが、「このサイトの<head>がCool ! 」という時代が来たりして?。

追記: やっぱりheadがアツイというご指摘を、某氏からいただきました。そういえば、Google Analyticsも。head2.0、とか書いてると、ネタ・エントリーになってきてしまった。(最初はまじめに書いてたのに。。)