デジタル・ネイティブに、アレルギーを引き起こす異物とは

ホワイトバンドや、ロハス(LOHAS)など、バズ・マーケティングが炎上しがちな昨今です。個別の事例についてはパスしますが、なぜ「なにか分からないけど、何かイヤ」な感じがするのでしょうか。

バズ・マーケティングに対する反応は、最近は主にブログでの反論から始まることが多いようです。そして、これは正しい免疫反応であることは間違いないでしょう。ただし時々、免疫反応が強すぎて、アレルギー性の発作のように炎上することがある。

では、免疫系が激しく反応する「異物」とは何なのだろうか? 多分、共通する異物の一つは「情報流通上のごまかし」ではないだろうか。そしてデジタル・ネイティブな世代は、この「ごまかし」に対して相当敏感になっている。
逆に、デジタル・ネイティブではない世代は、今まで通りのやり方やビジネスをしているのに、ネイティブ世代にやたらと激しく反応されて、それを取り繕うためにまた「ごまかす」ので、火に油を注ぎ炎上。しまいには「本当の情報の素性」の一環である個人情報まで暴かれて、「あ〜やだやだネットは怖いところだね」ということになってるような。

なぜデジタル・ネイティブが、「情報流通上のごまかし」を異物として免疫攻撃するのかは明確です。「その情報が、どこから発信され、どこをどう通って、目の前にあるか」は、インターネット上の情報が正しいかどうかを判断する唯一の指標だからです。

  • 1年以上読み続けて、価値観に共感できるブログが書いていること
  • ある領域に詳しい人のブックマークや、被ブックマーク数
  • SNSなど信用のできるコミュニティーで、おすすめされている情報
  • 被リンク数でランク付けされる、検索エンジンのPageRank

このような仕組みは、いずれも情報の流通上の透明性を、確認するための判断材料でもあります。デジタル・ネイティブなネット・ユーザーは、日常的にそのような判断指標から、ある情報の信頼性や、性質を判断しています。そして時には、微妙に判断指標を狂わせる「ネタ」を仕込んで、冗談として楽しんだりもする(Google爆弾とか)。

ただし!まだまだマジョリティーがデジタル・ネイティブな訳ではない。だから、「情報流通の透明度」を気にしない層に対して、バズ・マーケティングを仕掛けるビジネスは沢山存在します。
そして、最近炎上しているものの多くは、海外の活動やアイデア、コンセプトに目をつけて、それを曲解とまではいわないまでも、自分に都合のいい部分だけをピックアップして、日本に展開していることに起因しているような気がします。自分に都合のいい部分だけを伝えるために情報源がボカされているので、判断指標が持てずにデジタル・ネイティブは「何か嫌だな」と感じるのではないか。

逆にデジタル・ネイティブな感覚では、信頼性を高めるために、できる限り透明度を上げようとするモチベーションが強くなります。あるいは、単純に海外のサイトとかを読んで、「これスゴッ!」と興奮した勢いで訳したり、紹介してしまうので、邪念の入るタイミングが少ないのかもしれませんが。
邪念に毒されない、「所詮、趣味でやっていることですから」的なマイペースさは、実はこれから信頼性という意味では、どんどん価値があがってくるのかも。

いずれにしても、こういうギャップは色々と顕在化してきそう。ただ、異物や異臭に敏感になるぐらい、徐々に空気が澄んできている、文字通り風通しのいい世の中になってきているのは、いい予兆です。