MacのUnix環境を整える。MacPorts( 旧 DarwinPorts) / ターミナル設定 / emacs など

新しいiMacに、Unix環境を構築したので、その手順をまとめておきます。

Xcode Toolsのインストール

MacのUnix環境を使うには、何はとも あれXcode Toolsが必要。様々なUnix系のツールを、ソースからインストールするためのコンパイル環境を整えることができます。Xcode Toolsは、Macインストールディスク1に含まれているので、これをインストール。

MacPorts(DarwinPorts)のインストール

1/4追記 : コメントで教えていただいたのですが、DarwinPortsのプロジェクトはいったん終了して、2006年9月からMacPortsと言う名前で新たにスタートしているそうです。MacPortsのサイトからダウンロード&インストールするのがよいかと思われます。

日本語での詳しいインストール手順を公開されている記事。

はこべにっき# - MacPortsでステキなUNIXツールをインストール

Unix系のツールをインストールするのに便利な、パッケージ管理ツールのDarwinPortsをインストールします。以下のページからバイナリをダウンロードしてインストール。

ターミナルの設定

OSXのUnixコンソールである、terminal.app の設定をします。まずは日本語関係。ターミナル・メニューの「ターミナル > ウィンドウ設定 > ディスプレイ」で以下をチェック。

  • 日本語や中国語などにワイドグリフを使用する
  • ワイドグリフは2桁とカウントする

ホームディレクトリに、.inputrcというファイルを作り、以下を記述。

set output-meta on
set convert-meta off
set meta-flag on

同じくホームディレクトリに、 .bash_profile で以下を記述。

export LANG=ja_JP.UTF-8

コマンドライン・ツールのインストール

PATHを通したら、DarwinPortsを使ってコマンドライン・ツールをインストール。まずは、何かと必要なwgetから。

iMac:~ kaneko$ sudo port install wget

次に、ターミナルからSFTPすることができる、FTPクライアントのlftp。

iMac:~ kaneko$ sudo port install lftp

lftp の機能や、ソースコードからのコンパイルはこちらを参照。

このlftpと連携させて使うのに便利なソフトがfcd。ターミナルで、fcdとタイプすると、Finderで開いているディレクトリに自動的にcdしてくれます。例えば、Finderで画像のフォルダをブラウズした後に、ターミナルに移ってfcd。lftp のmputで一気に画像をアップロード、というように使えます。fcdの作者さんは、その他にも沢山の便利なアップルスクリプトを公開されています。

fcd.shを、PATHの通っているフォルダに置いたら、 .bash_profile で以下を追加。

alias fcd='source /Users/username/unix/bin/fcd.sh'

Carbon Emacs とWEB開発環境

macのWEB開発環境は、人それぞれ千差万別だと思いますが、emacs派にはCarbon Emacsという便利なパッケージがあります。ダウンロードして、ドラッグ&ドロップするだけでインストール完了。マック固有のコマンドキー系のキーバインドを設定できるMacKeyModeや、psgml、ruby-mode、mmm-modeなど一般的なemacsモードがあらかじめ含まれています。

Carbon Emacs パッケージ

FAQになりそうなポイントも上記のページにほとんど書かれています。この辺は設定必須ですかね。

Carbon Emacsでどこまで設定が必要なのか、ちょっと把握しきれていないところもあるのですが、画面の色以外の設定では、以下のような項目を設定してみました。ホームディレクトリの .emacs.el に記述して保存。

 
(set-language-environment 'Japanese)
(set-default-coding-systems 'utf-8-unix)
(set-terminal-coding-system 'utf-8-unix)
(set-keyboard-coding-system 'sjis-mac)
(set-clipboard-coding-system 'sjis-mac)
(setq-default buffer-file-coding-system 'utf-8)
(prefer-coding-system 'utf-8)

(setq load-path (cons (expand-file-name "~/.emacs.d") load-path))
(server-start)

(setq c-tab-always-indent t)
(setq default-tab-width 4)
(setq indent-line-function 'indent-relative-maybe) ; 前と同じ行の幅にインデント

(setq mac-allow-anti-aliasing nil)  ; mac 固有の設定
(setq mac-option-modifier 'meta) ; mac 用の command キーバインド
(mac-key-mode 1) ; MacKeyModeを使う

(global-set-key "\C-x\C-i" 'indent-region) ; 選択範囲をインデント
(global-set-key "\C-m" 'newline-and-indent) ; リターンで改行とインデント
(global-set-key "\C-j" 'newline)  ; 改行

(global-set-key "\C-cc" 'comment-region)    ; C-c c を範囲指定コメントに
(global-set-key "\C-cu" 'uncomment-region)  ; C-c u を範囲指定コメント解除に

(show-paren-mode t) ; 対応する括弧を光らせる。
(transient-mark-mode t) ; 選択部分のハイライト

(setq require-final-newline t)          ; always terminate last line in file
(setq default-major-mode 'text-mode)    ; default mode is text mode

(setq completion-ignore-case t) ; file名の補完で大文字小文字を区別しない
(setq partial-completion-mode 1) ; 補完機能を使う

;; スタートアップメッセージを非表示
(setq inhibit-startup-message t)
(if window-system (progn
; ツールバーの非表示
(tool-bar-mode nil)))

.bash_profile で以下を追加すると、ターミナルでemacsをタイプしたときに、Carbon emacsが起動。

alias emacs='/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs'

HTMLの編集には、nxhtmlというモードを使っていたのですが、最近、単体での配布がされなくなってしまったようなので、以下の記事を参考にさせていただいて、PSGMLモードを使い始めました。こちらもかなり快適。

PSGMLのススメ

その他、沢山のサイトを参考に

bookmarks tagged with "emacs" on del.icio.us

subversionのインストール

Unix環境では、WEB開発をサポートする強力なオープンソースのツールが大量に存在します。過去のインストール記事を見ながら、subversionをインストール。