大量の写真を、iPhoto のライブラリを分割して管理 : iPhoto Buddy

新しいiMacに、以前に使っていたwindowsや、Powerbookから写真のデータをすべてコピーした。ただし、その写真をすべてiPhotoに読み込んでしまうと、大変な枚数になってしまうので、iPhotoのライブラリを分割して管理できるフリーウェアを使ってみる。

iPhoto Buddy Home Page

iPhoto Buddy を使うと、iPhotoが画像の管理に利用する"iPhoto Library"フォルダを複数作成して、iPhotoが利用するライブラリを、自由に切り替えることができます。iPhotoは、大量の写真の管理がしやすいアプリケーションではありますが、あまり見ない過去の写真は分割して、別のライブラリにしておくほうが便利です。以下、操作手順を画像で。

iPhoto-BuddyScreenSnapz001.jpg

iPhoto Buddyをインストールして起動したら、左下の「+ 追加」ボタンをクリック。

iPhoto-BuddyScreenSnapz002.jpg

ファイルブラウザが立ち上がるので、「New Folder」をクリック

iPhoto-BuddyScreenSnapz003.jpg

新しいiPhoto ライブラリのフォルダ名を好きに入力して、フォルダを作成。

iPhoto-BuddyScreenSnapz004.jpg

そのフォルダを「Choose」ボタンで選びます。

iPhoto-BuddyScreenSnapz005.jpg

「iPhoto ライブラリが空になったように見えるけどビックリしないでね。」という確認のメッセージ。Addボタンを押す

iPhoto-BuddyScreenSnapz006.jpg

作成した、新しいiPhotoライブラリのフォルダが、リストに表示されるので、それをダブルクリック。

iPhotoScreenSnapz001.jpg

写真が一枚も入っていない、まっさらなiPhotoが立ち上がります。

iPhotoScreenSnapz005.jpg

他のPCからコピーしてきた写真などで、すでにフォルダに大量の写真がある場合は、iPhotoの「環境設定」-> 「詳細」から、読み込みの「ライブラリに追加するとき、ファイルをiPhotoライブラリフォルダにコピー」のチェックを外したほうがよいでしょう。チェックしてあるままだと、ハードディスクの容量を倍食ってしまいます。

iPhotoScreenSnapz002.jpg

過去の写真をライブラリに読み込み。

iPhotoScreenSnapz003.jpg

読み込む写真のあるフォルダを指定します。

iPhotoScreenSnapz004.jpg

iPhotoのライブラリに写真が読み込まれます。

iPhoto-BuddyScreenSnapz007.jpg

上記のステップを繰り返すことで、複数のiPhotoライブラリを管理することができます。元々あった、iPhoto Library フォルダも、忘れずにリストに追加しておきましょう。ライブラリを切り替えたい時は、iPhoto Buddy を起動して、リストからライブラリをダブルクリックすれば、iPhotoのライブラリが切り替えて再起動されます。