macで、デジカメからRaw画像を取り込むだけなら、iPhotoでなくイメージキャプチャを

Macでは、デジカメを接続すると通常はiPhotoが起動します。デジタル一眼などで、Rawデータで写真を撮影している場合、iPhotoは取り込み時に、RAWデータからJPEGへ自動で現像処理をします。もちろん、RAWデータも同時にとりこまれるので問題はないのですが、SILKYPIXやAperture、Photoshop など、他のRAW現像ソフトを利用している場合の方が多いでしょう。
その場合、iPhotoが現象したJPEG画像は最終的には使わないので、ディスクスペースが無駄になります。また、RAW現像処理のために、読み込みに時間がかかります。
そこで、もっぱらRAWデータでしか撮影しない人は、iPhotoのかわりにイメージキャプチャという、OSXに標準で入っているソフトを使うのがおすすめ。

FinderScreenSnapz001.png

イメージキャプチャを起動して、環境設定の「カメラを接続したときに起動する項目」でiPhotoの代わりに、イメージキャプチャを選択。次に、デジカメをMacに接続すると、iPhotoではなく、イメージキャプチャが起動します。

imagecapture001.png

フォルダを指定すると、データを自動で読み込み。好きなRAW現像ソフトで現像保存したあとに、iPhotoに読み込めばOKです。

imagecapture002.png