Macのアプリを、ターミナルから起動すると意外と便利だった

かなりいまさら感はありますが、FireFoxやFinderなどの、マックのネイティブなアプリをターミナル(Terminal.app)から起動すると、意外と便利なことに気がついた。* などのファイル指定と組み合わせると、結構便利。open コマンドでアプリを起動できますが、

 $ open -a Firefox

まずはとりあえず、使いやすいエイリアスを、.zshrc や .bash_profile などに記述しておく。

alias emacs="open -a Emacs"
alias firefox="open -a Firefox"
alias safari="open -a Safari"
alias prev="open -a Preview"

例えばウェブサイトのHTMLをデザインしていて、複数のHTMLのデザインをブラウザで確認する際に、Terminalで以下のように打てば、そのフォルダ内のHTMLを一気にブラウザで開ける。FireFox側で、新しいウィンドウを必ずタブで開くようにしておけば、なおよし。

$ firefox *.html
$ safari *.html

あるディレクトリの画像ファイルをまとめてPreviewで見たり

$ prev *.jpg

emacs のバッファに、複数のファイルをまとめて開いたりもできる。

$ emacs *.css

あと、ターミナルの今のディレクトリをFinderで開くには、以下でいけますが

$ open . 

fcd.sh(参考 MacのUnix環境を整える)と組み合わせる、FinderとTerminalを交互に行ったり来たりできて便利。

Finderでファイルを探すのに「使いづらいなー」と思っていたことのかなりが解決。なんで今まで使わなかったな〜という感じです。

Add custom commands to the Mac OS X Terminal - Robert’s talk」というブログ記事では、以下のようなシェルスクリプトも紹介されていましたが、ちょっと僕の古いマックだと、処理が重くてキビシい感じだったので、上記のように単純に個別にエイリアスを追加するようにしました。

runapp() {
$app=`find /Applications/ -name “*.app” | grep $1`;
shift;
open -a “$app/” “$2″;
}