昼と夜の水平線


日が沈む。太陽は、地表を照らすのを止め、大気圏に間接照明をあてる。空全体が、行燈(あんどん)を灯したように薄明るくなるが、空と海の境界線は、夜の静寂に曖昧さを増していく。