GitHubをRemote Repoとして、MacにインストールしたGitから使ってみる

GitHubでブラウザからソースコードが見れたり、wikiもあったりと便利そうなので、Gitを使ってみる。ひとまず、インストールからGitHubでのコード管理、ブランチを切るまで。まずは、MacにGitをインストール。最新のコードをGitのサイトから取得。

Git - Fast Version Control System

 
& wget http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.6.0.1.tar.gz
% tar xvfz git-1.6.0.1.tar.gz
% cd git-1.6.0.1

INSTALLを参考につつ、/usr/local にインストールしてみる。

% ./configure
% sudo make prefix=/usr/local all
% sudo make prefix=/usr/local install
% git --version
git version 1.6.0.1

次に、無料で使えるGitレポジトリの、GitHubに登録する。

Secure Git hosting and collaborative development -- GitHub

ユーザー登録をすませると、レポジトリの作成から、最初のチェックインまで分かりやすくガイドしてくれます。ssh の公開鍵の登録なども、チュートリアル『Providing your SSH Key』があります。試しに、『Flickr to HTML』のコードを管理してみることに。

% git config --global user.email 登録したメールアドレス

% cd /Users/goodpic/workspace
% mkdir flickr-to-blog
% cd flickr-to-blog
% git init

管理したいファイルをコピーして配置
% cp hogehoge ./.

Git 管理に追加
% git add *
% git commit -m 'first commit'

GitHubを Remote Repositry として追加する
% git remote add origin git@github.com:goodpic/frickr-to-blog.git

ローカルの変更を、Remote Repo にプッシュする
% git push origin master

これでひとまず、GitHubでのコード管理が始まりました。

goodpic's frickr-to-blog at master -- GitHub

Gitのチュートリアル『gittutorial(7)』を参考に、作業を進めてみる。まずはブランチを切る。

ブランチを作成
% git branch experimental

ブランチを確認
% git branch

ブランチを変更
% git checkout experimental

ファイルを編集して保存

experimentalブランチで、ファイルが変更されているのが確認できる
% git status

変更をコミット
% git commit -m 'Add Beta to the title'

experimental ブランチを、GitHubにプッシュする
% git push origin experimental

すでにあるブランチに、変更をプッシュするだけなら
% git push origin


リモートのブランチの削除は
% git push origin :experimental

GitHub にもexperimentalブランチが追加されて、ファイルの編集がコミットされています。

goodpic's frickr-to-blog at experimental -- GitHub

experimentalブランチの変更を、master にマージしてみる。

% git checkout master
% git merge experimental

GitHubに、Masterの変更をプッシュ
% git push origin master 

なるほどなるほど。

以下は、Gitを勉強しつつコマンドをメモしていくスペース。

ワーキングディレクトリの状態を確認する
% git status
ログを確認する
% git log

変更履歴をGUIで確認できる
% gitk

ファイルをコード管理に追加
% git add .

ファイル(ディレクトリ)を削除
% git rm (-r) *