ドメイン名のレジストラ変更で、一時的にネームサーバが引けなくなった

このブログのドメインネーム(goodpic.com)の、レジストラを Network Solutions から Value Domain に移転しました。DNS情報伝搬の過程で、昨日ぐらいから一部のネットワークからつながりにくくなっているようです。Network Solutionsは、ドメイン移管を承認した瞬間に、DNSサーバー(nameserver)からもDNSレコードを削除するようで、削除から、移管完了の通知まで、空白期間ができてしまったのが問題。

whoisでは、新しいドメイン登録情報と、ネームサーバが引けるのに、nslookup や dig で IPが解決できないという状況に。恐怖の status: SERVFAIL が出現。。それを考えると、ドメイン名の管理レジストラを変更する場合は、以下のようなステップを取るのがより安全だったかも?

  1. 旧レジストラで、ドメイン名の管理だけでなく、ネームサーバも利用している場合は、ネームサーバを別の企業のものに移す
  2. 例えば、SAKURA ネームサーバなどを契約。ネームサーバ情報を設定。
  3. 旧レジストラのドメイン設定で、契約した新ネームサーバに変更
  4. whoisで、新ネームサーバが正しく登録されたのを確認
  5. ドメインを、旧レジストラから新レジストラに移管
  6. 移管が完了したら、ドメインの設定で、別契約したネームサーバを指定
  7. その後、ドメイン移管とDNS伝播が安定したら、必要であれば、ネームサーバを新レジストラに移行

状況を確認するには、色々なネットワークで、以下のコマンドで。

whois 登録情報の確認
$ whois goodpic.com

DNS情報の確認
$ dig goodpic.com

DNSサーバを指定して、DNSの設定確認
(ネームサーバの設定状況を確認する)
$ dig @ns1.value-domain.com goodpic.com

mx, a, ns , cname など、レコードの種類を指定して確認
$ dig @ns1.value-domain.com goodpic.com mx

名前解決に関連するサーバをトレースする
$ dig +trace goodpic.com

あと、『nslookup - Google 検索』とかすると、ウェブの色々なネットワークから nslookup をかけられるサービスが出てくるので、状況を把握するのに役立つかもしれません。しかし、自分のドメインにアクセスできなくなるのは、精神衛生面でもよろしくないですな〜