スタンフォードとバークレーの空気感

今週、木曜日からサンフランシスコ、ベイエリアに来ています。これまで出張では、意外とサンフランシスコ市内しか訪れていなかったので、パロアルト、バークレーからサンタクルーズを含めて10日間で巡る旅。3日目にして既に、それぞれの街に住む人と会って話をすることで、多くのインスピレーションを受けています。

img_0295

着いた初日は雨がぱらぱらふっていましたが、二日目からは青空が広がっています。最初の朝食はメキシカン。

img_0284img_0285

木曜日と金曜日は、スタンフォード大学で過ごしました。旧友と新しい友人、密度の濃いディスカッションができて、素晴らしいスタートに。木曜夜に参加させてもらったSmall Group Dinner at Stanfordは、目的意識をもった学生同士のネットワーキングを支援する、面白い仕組みだなと思いました。

img_0292

それにしても、スタンフォードのキャンパスはとにかく広大で緑があふれてれている。真っ青な大空の下を歩いていると、どこからともなく、春の花の香りが漂ってくる。そのなかを、スケボーや自転車に乗った学生が行き交っているのを見ると、なんだか根拠も無く『よし、とにかく何かやってみるか』という気分になってくるのが不思議です。

img_0299img_0291img_0297
flickr6932819654flickr6932819312flickr7078894299flickr7078893913flickr6932817810flickr7078892853flickr6932816874

木、金曜日に脳が消費したエネルギーとビタミンの補給に、土曜日はバークレーのFarmers' Marketsに出かけました。バークレーを訪れるのは、ほぼ初めてに近いのですが、すごく独特な空気感をもった街ですね。

p1030580

ファーマーズマーケットから歩き始めたということも大きいのかもしれないけれど、比較的コンパクトな空間に、気持ちのいい距離間で人々が暮らしている気がします。1時間半ぐらいマーケットにいるだけで、多分15人以上の人と会話をしたかも。ちょっと興味を持って質問すると、周りの人、というか通りすがりの人が、普通に会話に入ってくる。すごく自然に、ちょっと会話をして、笑顔で去っていく、みたいな。

p1030592

このイチゴも屋台を眺めていたら、後ろから来たご婦人が、「並んでる? 迷ってるんだったら買った方がいいわよ。この農場のイチゴは、丁度先週からシーズンが始まったところで、先週はすごい行列だったんだから。3パック買ったけど、その日の夕方には家族が全部食べちゃった。鮮度が違うから、買ったらその場でひとつ食べてみると、いいわよ。」みたいな会話になって、それではと買って食べたら、これがとんでなく美味しい。あとで調べたら、カルフォルニアで初めてオーガニックのイチゴ栽培を始めた歴史的な農場でした。

お土産用のジャムも買っててよかった。

p1030594

会場の一角では、Wild, Foraged & Indigenous Foods というイベントがおこなわれていました。専門家が、野生植物の生態系を説明しながら、実際にそれを料理して振舞うというという趣旨。

p1030590

海藻が展示してあったので、「Kombu、Nori、Wakameって日本語を使うんですね?」と聞いたら、いまから講演するから是非、聞いていきなさいよと。

p1030582

料理をしながらの講演なのですが、話している内容は、カルフォルニア沿岸の海藻の生態系や収穫時期、自分で収穫する上で気をつけることや地域の歴史、ルール、法律などを実体験を交えて話してくれるので、すごく面白かったです。T-ShirtsにはSeaweed Rebellionと書いてあります。他にも色々なテーマの体験学習をおこなっているそう。

p1030585

実際の料理も、細かく切ったりする作業を、聞いていた人が自然に手伝い始めたり、スペースも含めてかなりオープンな雰囲気。話し終わる頃に、ちょうど料理も出来上がり、みんなで食べる。

p1030587

レシピも全員に配られます。GOURMETマガジンに2002年に掲載されたものとのこと。わかめと醤油は日本風だけど、リンゴやコリアンダー、生姜、ごま、がミックスされると食べたことがない味で美味しかった。

p1030586

他にも4つぐらいのテーマで実演があったよう。

p1030584

すぐ近くにある、カルフォルニア料理の最高峰 Chez Panisse の創立者 Alice WatersFree Speech Movementのアクティビストでもあったそうで、文化と食、オーガニック、フリースピーチが一体となって草の根で浸透しているバークレーのすごさを感じた半日でした。

flickr7078898063flickr6932822174flickr7078896507flickr7078895999flickr7078895869