非エンジニアもGithubを使うべき12の理由

こんなツイートをしたら、RTやFavoriteしてもらったので、思いつきで書いてみました。

1. Githubのサイトを見るだけで、開発用語を覚えられる

レポジトリ、イシュー、プルリクエスト、ブランチ、などなど、最初はよく分からなくても、Githubのウェブサイトを見ているうちに、「あーあのページ、あの機能のことか?」と段々分かってくる。するとあら不思議、エンジニア同士の会話もニュアンスがつかめるように。

2. 共通の言語で話せるようになる

「バグを見つけたら、とりあえずイシューを書いておいてください」、「開発中の機能への要望を、プルリクエストにコメントしておきました」、など、共通の単語で会話することで、コミュニケーションのコストが低くなる。

3. バグ・プロジェクト管理、wikiなど、開発に必要なすべてを一カ所で

複数のツールにログイン、アカウント管理したり、内容をコピー&ペーストするなど、非生産的な作業を排除する。また、githubがイシュー→プルリクエスト→コミットなど、関連する情報を自動でリンクをしてくれるので、情報を整理する手間も省ける。

4. コマンドライン、ブラウザなど好きな方法で利用

エンジニアはコマンドラインから、ディレクターはWebサイトから、好きなインターフェースで同じリソースにアクセス、管理できる。

5. ブラウザからコミットできる

ドキュメントやコンテンツの修正ぐらいなら、githubにブラウザでアクセスして、ブラウザ上でファイルを修正、コミットまでできる。

6. githubとグループチャットを連携させて、リアルタイムに開発に参加する

facebookのタイムラインのように、誰が何を開発しているか、どんな議論がされているのかを、グループチャット(IRCやHipchatなど)でリアルタイムに把握できるようになる。大きなコミットをした人がいたら「いいね!」とコメントしたり、ステージング環境にデプロイされた瞬間にテストしてフィードバックしたりできる。

7. エンジニアに話しかけやすくなる

でかいヘッドフォンをして黒い画面に向かっている人にも、グループチャットで@メンションするならハードルが低いかも? プッシュした直後とか、タイミングがよければ、向こうから話しかけてきてくれたり。

8. gitのコンセプトに慣れたら、ローカル環境をつくってみる

ディレクターがgit色に染まるほど、開発者のストレスも減るので、ローカル環境のセットアップなども、きっと積極的に手伝ってくれるでしょう。

9. 個人レポジトリを使って、ファイルの共有やバックアップをする

社内のGithub Enterpriseであれば、グループ内で安全にファイルを共有したり、自分のファイルを個人レポジトリにバックアップできます。Git上のファイルのURLをチャットで共有すれば、ファイルサーバーも不要に。

10. Github上で中身を見れないファイル形式が、段々と嫌いになってくる

Googleスプレッドシートで大概のことができるので、複雑なことをするなら、CSVをスクリプトで操作するほうが、簡単な気がしてくる。エクセルのマクロを覚えるより、rubyでcsvファイルを操作する方が、、、xlsxよりはcsv、docxファイルよりはtextファイルが好きになってくるはず。本当か!?

11. 自分の業務を、スクリプトに代わりにやってもらう

面倒な繰り返しの手作業に5時間かかるなら、4時間半かけてスクリプトを勉強してつくって、30分で実行するようになる。

12. 開発者がプルリクエストくれたり、機能として取り込まれたり

github上の個人レポジトリにアップしてある、へっぽこスクリプトを見た開発者が、衝動的にリファクタリングしたくなって、プルリクエストをくれたりする(ラッキー!)。口で説明しても、なかなか理解してもらえなかった業務フローが、いつのまにか本体の機能としてとりこまれていたり。

以上、結構、実話も含まれております。